actor & actress     voice     about & contact

山本 芳樹 yamamoto yoshiki
date of birth:1973/7/22   home:兵庫県   height:173cm
license:普通自動車免許、中型自動二輪免許    favorite:サッカー
specialty:フォークギター、体操、ダンス(モダン、コンテンポラリー)

1996年劇団Studio Lifeに入団。作品へ誘う圧倒的な存在感と繊細な演技力には定評がある。
「トーマの心臓」「PHANTOM」「アドルフに告ぐ」など劇団の代表作で主演を務める他、翻訳劇、ミュージカル、ダンスパフォーマンス公演などにも出演し、シリアスからコメディまで幅広い。
「PHANTOM」では幼少期から亡くなるまでの全人生など、作品によって少年役から老婦人までを演じ分ける。
定期的にソロライブ活動を行い、作詞作曲も手がける。
1 narration
2 narration
3 monologue
4 narration
5 monologue
6 monologue
7 dialogu
8 dialogu
All  
information
【舞台】
大正浪漫探偵譚-六つのマリア像-」(脚本・演出: 鈴木茉美)
2018年4月18日(水)~2018年4月22日(日) シアター1010

スタジオライフ「アンナ・カレーニナ
(原作:レフ・トルストイ 脚本:ジョー・クリフォード 翻訳:阿部のぞみ 演出:倉田淳)
2018年5月26日(土)~6月10日(日) 東池袋 あうるすぽっと

【ナレーション】
パナソニック「すべてはお客様の笑顔のために。パナソニックの修理サービス。

舞台
2017
「ロートレック」(構成・脚本・作詞:さらだたまこ 演出・歌唱演出:沢木順 作曲:玉麻尚一)
「はみだしっ子」スタジオライフ(原作:三原順 脚本・演出:倉田淳)
「卒塔婆小町」スタジオライフ(作:三島由紀夫 脚色・演出:倉田淳 )
「美しき世界」軽井沢演劇部 朗読会 軽井沢高原文庫 夏季・野上弥生子展関連イベント
「小川未明 幻想短編集」軽井沢演劇部 朗読劇
「THE SMALL POPPIES」スタジオライフ(上演台本・演出:倉田淳)
「百年目のラブレター~希望は絶望~」ねねぷろじぇくと(原作:小山内こころ 脚本・演出:仲代奈緒)
「エッグ・スタンド」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)
「グレートフルグレープフルーツ」OuBaiTo-Ri(作・演出:末原拓馬)

2016
「デイジー プルズ イット オフ」スタジオライフ(作:デニス・ディーガン 演出:倉田淳)
「BLOOD RELATIONS ~血のつながり~」The Other Life(作:シャロン・ポーロック 演出:倉田淳)
「ある死刑囚の手紙」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「大切な人~私の家族が見た戦争~」ねねぷろじぇくと 宮崎恭子没20年追悼企画 歌と朗読で綴る(原作:宮崎恭子 監修:宮崎總子 脚本・演出 仲代奈緒)
「THREE MEN IN A BOAT+ワン」スタジオライフ(原作:ジェローム・K・ジェローム 脚本・演出:倉田淳)
「トーマの心臓」「訪問者」「湖畔にて」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)
「VIVID CONTACT -re:born-」(作・演出:柏進)

2015
「PHANTOM -THE UNTOLD STORY-」スタジオライフ(原作:スーザン ケイ 脚本・演出:倉田淳)
「アドルフに告ぐ」スタジオライフ(原作:手塚治虫 脚本・演出:倉田淳)
「100年目のラブレタ」ねねぷろじぇくと戦後70年特別企画(原作:宮崎恭子 監修:宮崎總子 脚本・演出:仲代奈緒)
「朗読劇 ガリバー旅行記」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「歌と朗読で綴る『大切な人~わたしの家族が見た戦争~」ねねぷろじぇくと(原作:宮崎恭子 脚本・演出:仲代奈緒)
「男が泣く理由、教えます『4649』」WATARoomプロデュース(作・演出:柏進)
「夏の夜の夢」スタジオライフ(作:ウィリアム・シェイクスピア 上演台本・作詞・演出:倉田淳)

2014
「大いなる遺産」スタジオライフ(原作:チャールズ・ディケンズ 脚本:ジョー・クリフォード 上演台本・演出:倉田淳)
「あなたは戦争が始まるのを待っているのですか?」非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング(作・演出:坂手洋二)
「大切な人~わたしの家族が見た戦争~」ねねぷろじぇくと(原作 宮崎恭子 監修:宮崎總子 脚本・演出:仲代奈緒)
「カップで自分を量るがいい」(作:土田英生 演出:須藤黄英)
「トーマの心臓」(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)
「チェーホフ! かわいい!?」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「夏の夜の夢 ー 森のおはなし」軽井沢朗読館主催「言葉と音符とおしゃべりの会」
「少年十字軍」(原作:皆川博子 脚本・演出:倉田淳)

2013
「LILIES」スタジオライフ(作: ミシェル・マルク・ブシャール 脚本・演出:倉田淳)
「怪誕身毒丸」花組芝居(脚本・演出:加納幸和)
「SEMPO 〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜」(脚本:川﨑登 演出・振付:上島雪夫)
「ピーターパン」(原作:ジェームズ・M・バリ 演出・潤色:桑原裕子)
「トロイ戦争は起こらな」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「続・11人いる!」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

2012
「PHANTOM 語られざりし物語 The Kiss of Christine」スタジオライフ(原作:スーザン・ケイ 脚本・演出:倉田淳)
「あつ苦しい兄弟」劇団道学先生(【あつい編】作:桑原裕子 演出:青山勝 【苦しい編】作・演出:中島淳彦)
「幽霊」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「川を越えて、森を抜けて」加藤健一事務所(作:ジョウ・ディピエトロ 演出:高瀬久男)
「今度は俳優4人で朗読劇!」軽井沢高原文庫 軽井沢演劇部 朗読会
「クロイツェル・ソナタ~光子・黒い瞳の伯爵夫人~」(企画・製作:三好博子 演出:犬飼若博)
「カラミテ・ジェーン」音楽劇 パルコ(作:ジャン・ノエル・ファンウィック 脚色・演出:吉川徹)

2011
「大切な人~わたしの家族が見た戦争~」ねねぷろじぇくと(原作 宮崎恭子 監修:宮崎總子 脚本・演出:仲代奈緒)
「おしるし」プリエールプロデュース(作・演出:田村孝裕)
「TRAIN-TRAIN」LEMON LIVE(作・演出:斎藤栄作)
「出発(たびだち)の詩集(アンソロジー) ~モスクワからの退却~」(作:ウィリアム・ニコルソン 演出:鵜山仁)
「夏の夜の夢」「十二夜」スタジオライフ(原作:ウィリアム・シェイクスピア 上演台本・演出:倉田淳)
「あかはな」大森ヒロシプロデュース(作:竹田哲士 演出:大森博)
「PHANTOM The untold story ~語られざりし物語~」スタジオライフ(原作:スーザン・ケイ 脚本・演出:倉田淳)
「11人いる!」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)
「出発の詩集~モスクワからの退却~」(作:ウィリアム・ニコルソン 演出:鵜山仁)

2010
「DRACULA」(原作:ブラム・ストーカー 脚本・演出:倉田淳)
「じゃじゃ馬ならし」スタジオライフ(原作:ウィリアム・シェイクスピア 脚本・演出:倉田淳)
「ACT泉鏡花」アトリエ・ダンカンプロデュース(作・演出:加藤直)
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」よみうりテレビ(脚本・演出:岡本貴也)
「トーマの心臓」「訪問者」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

2009
「森は生きている」ライズ・プロデュース(作:サムイル・マルシャーク 演出・作詞:安崎求)
「十二夜」スタジオライフ(原作:ウィリアム・シェイクスピア 脚本・演出:倉田淳)
「川を越えて、森を抜けて」加藤健一事務所(脚本:ジョウ・ディピエトロ 演出:高瀬久男)
「LILIES」スタジオライフ(劇作・脚本:ミシェル・マルク・ブシャール/倉田淳 演出:倉田淳)

2008
「死の泉」スタジオライフ(原作:皆川博子 脚本・演出:倉田淳)
「パサジェルカ~女船客~」スタジオライフ(作:ゾフィア・ポスムイシ 脚本・演出:倉田淳)
「サド侯爵夫人」アトリエ・ダンカン(作:三島由紀夫 演出:鈴木秀勝)
「思い出のすきまに」加藤健一事務所(作:マイケル・ヒーリー 演出:鵜山仁)
「夏の夜の夢」スタジオライフ(原作:ウィリアム・シェイクスピア 脚本・演出:倉田淳)

2007
「アドルフに告ぐ」スタジオライフ(原作:手塚治虫 脚本・演出:倉田淳)
「マリアの息子たち」Tango Moderna
「あらしのよるに」(原作:きむらゆういち 脚本・演出:横山由和)
「モスクワからの退却」(作:ウィリアム・ニコルソン 演出:鵜山仁)
「デイジー プルズ イット オフ」スタジオライフ(作:デニス・ディーガン 演出:倉田淳)

2006
「銀のキス」スタジオライフ(原作:アネット・カーティス・クラウス 脚本・演出:倉田淳)
「森は生きている」RISEPRODUCE(作:サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャーク)
「夏の夜の夢」(作:ウィリアム・シェイクスピア 上演台本・演出:倉田淳)
「トーマの心臓」(原作:萩尾 望都 脚本・演出:倉田 淳)
「DRACULA」スタジオライフ(原作:ブラム・ストーカー 脚本・演出:倉田淳)

2005
「白夜行」スタジオライフ(原作:東野圭吾 脚本・演出:倉田淳)
「OZ」スタジオライフ(原作:樹なつみ 脚本・演出:倉田淳)
「メッシュ」(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

2004
「ドリアン・グレイの肖像」スタジオライフ(原作:オスカー・ワイルド 脚本・演出:倉田淳)
「パサジェルカ 女船客~秘した過去が手招く旅路~」スタジオライフ(原作:ゾフィア・ポスムイシ 脚本・演出:倉田淳)
「DRACULA」スタジオライフ(原作:ブラム・ストーカー 脚本・演出:倉田淳)
「MOON CHILD~月の子~」スタジオライフ(原作:清水玲子 脚本・演出:倉田淳)

2003
「DAISY PULLS IT OFF」スタジオライフ(作:デニス・ディーガン 演出:倉田淳)
「一郎ちゃんがいく」G2プロデュース(作:わかぎゑふ 演出:G2)
「OZ」スタジオライフ(原作:樹 なつみ 脚本・演出:倉田淳)
「トーマの心臓」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

2002
「THREE MEN IN A BOAT+ワン」スタジオライフ(原作:ジェローム・K・ジェローム 上演台本・演出:倉田淳)
「LILIES」スタジオライフ(作:ミシェル・マーク・ブシャルド 上演台本・演出:倉田淳)
「月の子」スタジオライフ(原作:清水玲子 脚本・演出:倉田淳)

2001
「Sons」スタジオライフ(原作:三原順 脚本・演出:倉田淳)
「死の泉」スタジオライフ(原作:皆川博子 脚本・演出:倉田淳)

1999
「トーマの心臓」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田)

1998
「訪問者」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

1997
「ヴェニスに死す」スタジオライフ(原作:トーマス・マン 上演台本・演出:倉田淳)
「トーマの心臓」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

1996
「WHITE」(脚本・演出:倉田淳)
「トーマの心臓」スタジオライフ(原作:萩尾望都 脚本・演出:倉田淳)

映画
「アザーライフ」(監督:赤地義洋)
テレビ
CX「33分探偵」
テレビCM
Info-Cxweb 映画「イーグル・アイ」
LIVE
WATARoom produce「少年の唄」
Y’s Live vol.2 四谷天窓(takadanobaba)
Y’s Live vol.1 四谷天窓(takadanobaba)
Y’s Bar vol.1〜5 JESTER'S STORE(Kyodo)
優しい男と愛しい女のコンサート 内幸町ホール
Yoshiki solo Live 4「やっぱり 愛なんだ!」 小川智之Produce LANTERN(Shibuya)
Yoshiki solo Live 3「愛なんだ!」 小川智之Produce TAKE OFF7 (Shibuya)
Yoshiki solo Live 2「夢の中へ」 小川智之Produce TAKE OFF7 (Shibuya)
「EMOTION」~恋のトキメキと切なさを歌う〜Part.3  gee-ge(Shibuya)
Yoshiki solo Live 1 TAKE OFF7(Shibuya)
「EMOTION」~恋のトキメキと切なさを歌う~Part2 GRAFFITI(Akasaka)
「EMOTION」~恋のトキメキと切なさを歌う~ Lantern(Shibuya)
A DAY IN THE LIVE 恵比寿ガーデンルーム
DANCE
La Danse Compagnie Kaléidoscope20周年記念公演
ダンスカンパニーカレードスコープ「闇から闇へ伝えられて行く」(芸術祭優秀賞受賞作品)
デ・パルク ダンスカンパニー「Dream 僕には夢がある。そして、理想と現実も…」
DANCE EXHIBITION 2008「“形が” “人が” 語り始めること」


(C) 2017 écru inc